Book Guam's variety of activities! We arrange marine sports, sky diving, dinner show and wi-fi rental as the best price for you. Email us: reservation at pihguam.netグアムのオプショナルツアーが簡単に予約できます。ドキドキグアムを運営している『パシフィックアイランドホリデーズ』の現地スタッフが、各種オプショナルツアーのご予約手配をいたします。

  • HOME
  • >
  • グアム基本情報

【グアムの気候】

 
グアムは、熱帯性気候です。年間平均気温は約26℃。雨季(7〜11月)と乾季(12〜6月)があります。雨季でも、雨は降ってすぐにやむスコールがほとんどで、一日中降ることはあまりありません。

【グアムの時差】

 
日本時間に1時間プラスすると、グアム時間になります。グアム滞在中はグアム時間にてご案内致します。

【電圧】

 
グアムの電圧は110〜120ボルト・60サイクルです。(日本は、100ボルト・50または60サイクル)100ボルト仕様の日本の電化製品も短期間であれば使用可能ですが、故障や火災の原因にもなりますので、アダプター(変圧器)を使用するようにしてください。
 

【電源】

 
グアムのコンセントは3穴になっていて、日本のプラグでも使用することができます。
ただし、電圧は異なりますので、ご注意ください。
 

【飲料水】

 
グアムの水は、石灰質が多く含まれています。もちろんそのまま飲むことも可能ですが、グアム在住の人もミネラルウォーターを購入することが多いようです。

【グアムでの服装】

 
観光&ショッピングへ普段日本で着ている夏服で十分です。ただ、日射しが強いのでサングラス、帽子などがあると便利です。また、店内での冷房対策を考えて、薄手の上着の用意を忘れずに。
 

◎レストランへ

 
カジュアルなレストランでは、普通のリゾートウエア、ホテルのダイニング・ルームや高級レストランでは、女性はワンピースなど、男性は襟と袖のあるシャツにスラックス。どちらにしてもレストランではサンダル履きは厳禁です。
 

◎ビーチへ

 
グアムのビーチは、日射しが強烈。肌の弱い人は長袖のシャツ、長ズボンも必要。グアムのビーチは砂浜ですが、海中には珊瑚が群生しています。思わぬ怪我を防ぐためにも、ビーチシューズ・サンダルなどを履きましょう。

【グアムの通貨】

 

◎USドル

 
グアムでは、一部のお店で日本円をご利用できる他は、USドルを使用しています。普通に使われる紙幣は1・5・10・20・50・100ドル。印刷の額面、人物はそれぞれ違いますが、大きさ、色はすべて同じなので額面をよく確かめましょう。また、コインは、1セント/ペニー、5セント/ニッケル、10セント/ダイム、25セント/クォーター。1ドル = 100セント。
 

◎クレジットカード

 
クレジットカードはID(身分証明)としても役立ち、各種サービスなどもあるので、1枚は携行すると便利でしょう。伝票の金額を確認してから、サインをしましょう。カード番号と連絡先は、必ず別に控えておきましょう。
 

【両替】

 
島内の両替所やホテルのフロント、また銀行(土・日・祭日は休み)でできます。

【チップ】

 
グアムでは、サービスの謝礼としてチップを払う習慣があります。金額のきまりは、特にありませので、下記を目安にしてください。
 

◎ホテル

 
客室…ベッド一台につき…$1.00(毎朝枕元に)
ルームサービス……………料金の15%程度
ポーター……………………荷物1個につき$1.00
 

◎レストラン・バー

 
勘定書の10〜15%
(支払い後、テーブルの上に。また、サービス料が勘定書に含まれている場合は不要。クレジットカードで支払うときはチップの欄に金額を記入します)
 

◎タクシー料金

 
10〜15%

【交通】

 

◎歩行者

 
グアムは車両優先。右側通行であることをもう一度確認して下さい。このところ観光客の横断歩道中の事故が急増しています。道路を渡るときは必ず横断歩道を利用してください。また、日本とは逆の「右側通行」であることに十分注意を払い、左右をよく確認して速やかに渡りましょう。また、レンタルモペット、サイクルでの事故も増えています。特に夜間は慎重に通行して下さい。
 

◎バス

 
グアムでは、観光客の便利な交通手段として主要ホテルとショッピングセンターを結ぶ有料バス(1回)$4〜があります。乗車前には、きちんと行き先を確認しましょう。
 

◎タクシー

 
日本のようなタクシーのシステムはありませんので、ホテルの玄関周辺で待機しているタクシーやレストラン、ショップに依頼して呼んでもらいます。ホテルやショップのスタッフに行き先を告げ、料金の目安を訪ねてもらえば安心です。
 

◎レンタカー

 
グアム到着後30日間までは日本の免許証での運転が可能です。スクールゾーン標識があれば徐行、スクールバスが学生の乗降のために停車した際は、後続車は勿論、対向車も必ず停止しなければなりません。また、2010年1月1日より、アメリカ合州国の水準と同様のシートベルトに関する規則が施行され、後部座席も含め車内にいる全ての同乗者にシートベルトの着用が義務づけられることになり、子供の年齢や身長によって形の異なるチャイルドシートの使用も義務化されました。違反者には、罰金が科せられますので、ご注意ください。

【ホテル】

 
客室のドアは自動ロックですので、外出の際は鍵をお忘れなく。又、在室中は内側のドアチェ-ンで二重ロックもお忘れなく。貴重品は必ずセ-フティ-ボックスにお預け下さい。部屋に放置したままで盗難にあってもホテル側は責任を負ってくれません。外出の際、鍵はフロントデスクにお預け下さい。カ-ド式の場合はご自分でお持ち下さい。もし、鍵をなくした場合、所定の金額を請求されますのでご注意下さい。
 

【通信】

 

◎国際電話

 
ホテルの客室からかける場合は、はホテル規定のサービス料がかかる場合があります。
外線番号+011+国番号(81)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号
 

◎公衆電話

 
島内通話の場合、10分毎に35セントです。公衆電話に貼付されているクレジットカードやコレクトコールによる国際電話のかけ方案内に従うと、高額な請求がくることがあるため、ご注意下さい。
 

◎島内電話

 
グアム島内はどこでも市内通話となりホテルの客室からは外線用の番号を押してから直接電話番号をダイヤルしてください。また、客室からの通話にはホテル規定のサービス料がかかる場合があります。
 

◎郵便

 
日本への航空郵便投函はホテルのフロントか、街にあるUS-MAILと書かれた青色のポストへ。宛名は日本語でかまいませんが、最後にJAPANは英語で。また、AIR-MAILの朱書も忘れずに。

【アルコール販売】

 
アルコールの年齢制限は21才以上、購入時に身分証明の提示を求められる場合があります。一般小売店でのアルコール販売は、朝9時から夜10時まで。レストラン・バーではアルコールは深夜2から朝8時まで販売と給仕が禁止されています。なお、ビーチなど公共の場所での飲酒は禁止。車内飲酒は運転者本人だけでなく同乗者も禁止されています。また、車内にふたの開いたアルコール類が置いてあるだけで飲酒とみなされ、旅行者であっても厳しく罰せられますのでご注意ください。

【タバコ販売、及び喫煙】

 
タバコの年齢制限は18才以上、購入時に身分証明の提示を求められる場合があります。また、グアムでは禁煙法(ナターシャ保護法)が施行され、ホテル・レストランや公共施設などの屋内スペースは「すべて禁煙」となっています。違反者には罰金が課せられますのでご注意ください。喫煙可能コーナー、屋外での対応などの詳細については、ホテル・レストランの係員へお尋ねください。また、たとえ禁煙可能箇所であっても、灰皿の設置は期待できませんので。ご自身で吸殻を保管管理できるよう携帯灰皿などをご利用ください。